• HOME
  • 研究開発に関する助成金

研究開発型の助成金の特徴


この研究開発型のものは、中小企業技術革新制度をベースに運営されています。

この助成金は難易度も厚生労働省系のものに比較して高いですが、
その分の助成額が大きいのが特徴です。

助成額は厚生労働省系のものがせいぜい多くて500万円程度であるのに比べて、
500万~4,000万円が中心となります。

また、中小企業技術革新制度における補助金/委託費/助成金のことを「特定補助金」といいます。

募集を行っているのは、経済産業省、環境省、総務省、文部科学省、農林水産省、都道府県、
外郭団体などです。

これらの研究開発型助成金の基本的な目的としては、中小企業が自ら行う社会的に有益な新製品、
新技術などに関する技術研究または試作について、

その研究開発費(原材料、機械装置、外注費、技術指導料、直接人件費等)の一部を助成することによって、
中小企業の技術開発を促進し、中小企業の技術改善を図ることということになります。


研究開発型助成金の審査について


研究開発型の助成金には、応募の締切日があります。

締切日までに応募された申請書類に対して書類審査を行います。

締切日を過ぎてから提出された申請書類は受け取ってもらえません

書類審査を通過し、優秀と思われる企業に対して面接を実施し、最終結果を出します。

最終結果に選ばれた企業が、助成金・補助金をもらう権利を得ることができます。

助成金をもらうまでの競争倍率を一概に言うことはできませんが、10~20倍のものが中心となっています。

つまり、受給条件に合っていればもらうことができる雇用関係の助成金とは違い、研究開発型の助成金は、
申請さえすれば必ずもらえるものではありません。

新潟助成金サポートセンターでは、厚生労働省系の助成金だけではなく、
研究開発型の助成金についてもサポートさせて頂きます。

お手軽にお問い合わせ下さい。

 

 

無料相談のご予約はこちら 0120-517-606

 

事務所情報はこちら!

/

事務所概要

料金表

相談の流れ

助成金に関する無料相談のご予約お待ちしております ご相談の流れはこちら 0120-517-606
助成金一覧
受給までの流れ
受給事例
サポート料金
相談者の声

 sheet.PNG

 

アクセスマップ

 

アクセスマップ

対応エリア
助成金に関する無料相談のご予約お待ちしております ご相談の流れはこちら 0120-517-606
新潟会社設立サポートセンター
社会保険労務士法人 パーソナルサポート
クラリネット長岡店
スタッフブログ

長岡.png

             10840408_04_100_JP.gif

   プライバシーマークの適用は
  社会保険労務士法人パーソナルサポート
    にのみ適用されております。
Copyright (C) 2013 社会保険労務士法人パーソナルサポート All Rights Reserved.