中小企業新事業活動促進法の申請方法


中小企業新事業活動促進法の法律の認定を受けるためには、以下のフローが必要です。


申請に必要な要素として、新事業活動であることを申請書に盛り込まなければいけません。

「新事業活動」とは、
①新商品の開発又は生産、
②新役務の開発又は提供、
③商品の新たな生産又は販売の方式の導入、
④役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動を指す。

個々の中小企業者にとって新たな事業活動であれば、既に他社において
採用されている技術・方式等を活用する場合についても原則として支援する。

ただし、業種ごとに同業の中小企業(地域性の高いものについては
同一地域における同業他社)における当該技術・方式等の導入状況を判断し、
それぞれについて既に相当程度普及している技術・方式等の導入については支援対象外とする。

ただ、相当なる新規性が見出せれば様々な業種で活用可能であると言えます。

以下、例を記載します。

 

(1)新商品の開発または提供


(例)
・建設業者が産業廃棄物である下水汚泥等を甘味料としても知られる植物を用いて処理し、新たに肥料を生産・販売する
・業務用の大型空気清浄機を製造していた企業が、小型化に挑戦し一般家庭用の小型で強力な空気清浄機を開発する

 

(2)新サービスの開発または提供


(例)
・美容室が高齢者や身体の不自由な方などのために美容設備一式を搭載した車で出張カット・ブロー・着付けサービスを行う
・老舗旅館が空室を日帰り客用のリラクゼーションルームとして改装し新しいサービス事業を行う

 

(3)商品の新たな生産または販売方式の導入


(例)
・果物の小売業が本格的なフルーツパーラーを開店
・食品加工業者が製品のトラブルの発生を防ぎ消費者・取引先からの信頼を得るために品質管理システム対応の新工場を建設する

 

(4)サービスの新たな提供の方式の導入その他新たな事業活動


(例)
・美容室が写真館を併設し新規顧客の獲得につなげる
・タクシー会社が乗務員に介護ヘルパーや介護福祉士の資格を取得させ、高齢者向け移送サービス業に進出する

 


●申請テーマの決定、内容の確認
●様式の取得
●必要書類の作成、準備
●各都道府県担当部局、国の地方機関などへの申請書提出
●審査会による審査

経営革新(中小企業新事業活動促進法)


ここでは、経営革新についての基礎知識やメリットを解説します。

以下に該当する企業様は是非、ご覧ください。

●店舗を増やしたいが銀行融資がおりない。

●低金利で資金調達したい。

●返済する必要のない助成金が欲しい。

また、当事務所では、経営革新(中小企業新事業活動促進法の認定取得)の
サポートをさせて頂いております。

お気軽にご相談下さい。

中小企業新事業活動促進法とは 中小企業新事業活動促進法の
 メリット
中小企業新事業活動促進法の申請
 方法
経営革新サポート

 

 

無料相談のご予約はこちら 0120-517-606

 

事務所情報はこちら!

/

事務所概要

料金表

相談の流れ

助成金に関する無料相談のご予約お待ちしております ご相談の流れはこちら 0120-517-606
助成金一覧
受給までの流れ
受給事例
サポート料金
相談者の声

 sheet.PNG

 

アクセスマップ

 

アクセスマップ

対応エリア
助成金に関する無料相談のご予約お待ちしております ご相談の流れはこちら 0120-517-606
新潟会社設立サポートセンター
社会保険労務士法人 パーソナルサポート
クラリネット長岡店
スタッフブログ

長岡.png

             10840408_04_100_JP.gif

   プライバシーマークの適用は
  社会保険労務士法人パーソナルサポート
    にのみ適用されております。
Copyright (C) 2013 社会保険労務士法人パーソナルサポート All Rights Reserved.